「広告」  

【Mac】メイリオ, MSゴシック等の MS Office フォント を Office以外のアプリでも利用可能に!( Mac "Font Book" アプリ に認識させる方法)

Microsoft Office fonts image(Png)

 Mac用Office のインストール後に Word や Excel から指定可能な "メイリオ" や "MSゴシック" 等のフォントを、他のアプリから利用したいと思った方はいませんか?
 筆者は"メイリオ" でブラウザ表示されないため(当ブログの最優先フォントは "メイリオ" 指定です) "Font Book" アプリで確認しましたが、 "メイリオ" や "MSゴシック" 等のフォントが増えていません。
 以下に、「MS Office 専用」扱いで追加されたフォントを 他のアプリから利用する方法を示します。
「ど〜して使えんの?」と思いググった結果、見つかった「マイクロソフト コミュニティの記事」をサルワカ風に纏めた記事である事を、予めご了承ください。

 「Office for Mac 2011」では "Font Book" アプリに デフォルトで追加されたことを筆者確認済み。 「Office for Mac 2016」以降「Office for Mac 2019」も同様で、言わば「MS Office 専用フォント」としてフォント追加される仕様変更の影響です。 それでは、行ってみましょう!
最初に、利用するための変更方法をサルワカ風に示し、その後 フォント削除(Office 完全アンインストール)時に少し影響がでるため、解説させて頂きます。

MSfont_00.png

 Launchpad 等から アプリケーション フォルダ内の "Font Book" アプリを起動して、全フォント数(320フォント)を確認。 「macOS Big Sur」アップグレード後に「Office for Mac 2019」をインストールした場合で、多少の数の違いはあるかもしれません。 全フォント数をメモし、 "Font Book" アプリを終了してください。

MSFont_01.png

 「Office for Mac 2011」では、「MS Office フォント」が /"ライブラリ"/Fonts/Microsoft/ フォルダ内に組み込まれていました。 それに基づき、今回も /"ライブラリ"/Fonts/ フォルダ内に組み込みます。(まだリンクコマンド実行前のため、"項目なし" と表示)

MSFont_02.png

 「MS Office フォント」はどこにある? 実は Word 等 MS Officeアプリそれぞれに内合されていて、Word アプリを右クリックして "パッケージの内容を表示" を選ぶと Word パッケージの中身が表示(以下画像)されます。

MSFont_03.png

 /Applications/Microsoft\ Word.app/Contents/Resources/DFonts フォルダ内を見ると、"メイリオ" や "MSゴシック" 等のフォントが見て取れるはずです。(Office 2016 の場合は最後のフォルダ名が DFonts でなく Fonts

MSFont_04.png
MSFont_05.png

 Launchpad 等から [アプリケーション] - [ユーティリティ] フォルダ内の "ターミナル" アプリを起動して、上記画面のようにキーボードからコマンドを叩きます。( Launchpad 経由だと、[その他]フォルダ内 )
 大文字、小文字、空白文字を含めて1文字でも間違えると正常に実行されない為、コマンド単位でコピー&ペースト後に [return]キーを押すと良いでしょう。$ の次の文字から、一つのコマンドが始まります )
 unixコマンドのため、[return]キー押下後に何かメッセージが表示されたらエラー(正常に実行されていません)のため、再度入力してみてください。 先頭に sudo があるコマンドの場合は実行権限が必要のため、あなたのMacのパスワードを入力後[return]キーを押してください。

cd /Library/Fonts
sudo mkdir MSOffice_Fonts

cd /Applications/Microsoft\ Word.app/Contents/Resources/DFonts

sudo ln * /Library/Fonts/MSOffice_Fonts/

 1行目は、/"ライブラリ"/Fonts フォルダ に移動するコマンド
 2行目は、上記フォルダ内に MSOffice_Fonts フォルダを作成するコマンド

 4行目は、 Word アプリ内の DFonts フォルダ に移動するコマンド (フォント参照元フォルダ
(Office 2016 の場合は最後のフォルダ名が DFonts でなく Fonts のため、末尾を変更してから [return]キー押下 )

 6行目は、リンクコマンドの実行のため 特に慎重に行ってください。 「フォント参照元フォルダ」内の全ファイル(各フォント毎1ファイル)に対してハードリンクを1個ずつ張り、フォント参照先の /"ライブラリ"/Fonts/MSOffice_Fonts/ フォルダ内に 作成します。 フォントのコピーではなくリンク作成のため、容量はほとんど取りません。

以上で "ターミナル" アプリでの対応は終わりましたので、 "ターミナル" アプリを終了してください。

MSFont_06.png

 フォント参照先の /"ライブラリ"/Fonts/MSOffice_Fonts/ フォルダ内に、リンクファイル(エイリアスやショートカットみたいなもの)が 264個 作成されました。

MSFont_07.png

 フォント参照先の /"ライブラリ"/Fonts/MSOffice_Fonts/ フォルダ内にも、"メイリオ" 等の MS Office フォントが表示されました!

MSFont_08.png

 再度 "Font Book" アプリを起動すると、全フォント数が増え "メイリオ" や ”MSゴシック” 等の MS Office フォントが見て取れます。 計469フォントで フォントにダブりがあるためか、 MS Office フォント分だけ数が増えるようではないようです。 (フォント数は各自の環境により、多少増減あり)

MSFont_09.png

 ここまで確認頂けたら、作業自体は終了です。 お疲れ様でした!



 (おまけ)「等幅(日本語)」の 新規スマートコレクション を追加しておくと、フォント選択時に便利ですよ!

20210707_01.png
20210707_02.png


フォント削除(Office 完全アンインストール)時に少し影響がでるため、解説させて頂きます。

結論から言えば、「Office アンインストール」時など「MS Office フォント」が削除になる場合、先に「ハードリンク」を削除しておく必要があります! 今回だと フォント参照先の /"ライブラリ"/Fonts/MSOffice_Fonts/ フォルダを丸ごと削除する操作で、ゴミ箱からも削除してください。 この操作を行わないと、「MS Office フォント」が削除されずに残ってしまう可能性があるため、覚えておいてください!

"シンボリックリンク" って聞いた事ありませんか? Mac でいう "エイリアス" 、Windows だと "ショートカット" に相当する Unix の機能ですが、上記リンクコマンド実行時に「ハードリンク」の記述がありました。
同一のリンクコマンドでどちらも実行できますが、あまり「ハードリンク」って聞いた事ないはずです。 Unix経験者の筆者も久しぶりに聞いた次第で、ほとんどの場合 リンク といえば "シンボリックリンク" を用います。 これは「ハードリンク」はちょっとクセが強く、注意が必要だからです! ちなみに、"シンボリックリンク" は ln -s (以下省略)でリンクが張れます。

 エイリアスやショートカットファイルを削除しても、実ファイルには(影響が及ばず)削除されませんよね。 「参照数」という仕組みが関与していて、エイリアスやショートカットファイルを作成/削除しても「参照数」の増減はありません。 実ファイルに対しフォルダ階層を利用して「名前」を付けると「参照数」は +1 されます。 そして、「ハードリンク」で別名を付けた場合も「参照数」は +1 されます。 削除した場合はそれぞれ -1 され、「参照数」が ZERO にならないと 実ファイルは削除されずに残ります。 このため、制限が無い "シンボリックリンク" を利用するのが一般的になりました。 今回は権限の関係で "シンボリックリンク" を利用できず、「ハードリンク」で代用したようです。(不思議だったので、実際にやってみました)

 2つのリンクの違いを解りやすく例えると... リンク元の「結婚前の氏名」に対し「ハードリンク」は結婚後に姓が変更された「氏名」で「参照数」が +1 。 "シンボリックリンク" はニックネームだと思ってもらえれば解りやすいでしょうか? ニックネームの(複数)追加/削除/変更はリンク元に直接影響を与えませんが、離婚すると「参照数」が -1 されるとか... 解りやすく例えたつもりですが、いかがでしょうか?

広告
  




Macブログ ランキング アイコン
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 また、お越しくださいませ。
// アタル
For follow LINE Reader Group!Subscribe to this blog on Feedly!

Next Post Previous Post
No Comment
Add Comment
comment url
  「広告」